アンチエイジングとはいったい何?  お肌のことから食事、 日々の過ごし方まで知ってエイジレスライフを楽しもう♪

アンチエイジングの日々で自分磨き♪




春の過ごし方 二十四節気:春

春本番にむけてウォーミングアップをしよう♪

更新日:

スポンサーサイト




「雨水(2月19日頃)」とは、今まで降っていた雪がいつしか雨に変わり、積もった雪はとけて水になる頃を意味します。

この時期ポカポカと気持ちがいい陽気でも、なぜか手先は冷えている…。そんなことはありませんか?

手足が冷たいからと言って部屋の温度を上げたり、冷え取りグッズや重ね着をしても、冷え症自体が改善するわけではありません。
冷え症を根本的に改善するには、血行不良を改善することと運動が効果的なのです。

そこで寒気も緩んだことだし、雨水からは春本番にむけてウォーミングアップをする時期ととらえて、ストレッチやウォーキングなどで、少しずつ体を動かしていきましょう。 

今回は習慣的に行うことで代謝アップ・冷え改善に効果的なストレッチ法を紹介します。

 

スポンサーリンク




 

冷え取りグッズの間違った使い方で身体が冷える!?

手足が冷える大きな原因として考えられるのは、
●身体自身が体温を上げようとしていないこと、
●血液がドロドロで、毛細血管を通りにくく身体の末端に血液を行き渡らせていないことだと言われています。

具体的に言うと、ホットカーペットやホッカイロ、モコモコ靴下の重ね履きなど、冷え取りグッズで手足がポカポカになると気持ちいいものですが、身体が温まり過ぎることで身体は「暑い! 毛細血管を収縮させて身体を冷やそう」という指令を出しているのだそうです。

もちろん適度に温めることは、血流を促す意味でも必要なことですが、冷え性を根本から治すには運動が効果的だと言われてます。
ただし激しい運動をすると血液がドロドロになってしまう可能性があるので、ウォーキングや踏み台昇降などの有酸素運動がおすすめです。

また血行をよくすることも大切なので、体をあたためたりマッサージをしたり、 深呼吸をしたりすることも、あわせて行うといいでしょう。(^^)

 

 

代謝アップ・冷え改善に効果的なストレッチ法

朝の「寝たままストレッチ」で基礎体温アップ!

寝起きの身体が冷えていると、身体の不調を招くだけでなく、スッキリ起きづらくなってしまいます。そこでまず朝目覚めたときに、布団の中でゆっくりとストレッチを行うことにしましょう♪

●布団の中で背伸びをして全身を伸ばす。
●ウエスト周りを左右にひねる。

ストレッチを行う時間の長さは特に決める必要はありません。
忙しい朝は短めでも良いですし、時間に余裕があるときは、20分くらいかけてたっぷり身体を伸ばすのも良いでしょう。

リラックス効果もあるので、冷えの原因の一つとなるストレスの解消にもぴったりです。
他のいろいろなストレッチの方法はLIFE.NETというサイトが参考になりました。
 ⇒ LIFE.net

 

日中は小まめに体を動かして!

日中はPCの前に座りっぱなしでほとんど動かない。そういった状態では肩が凝りやすいだけでなく、身体が熱を生まず冷えやすい体質に…。
そこで、仕事の合間に少しでも多く身体を動かすように意識しましょう。

小まめに動けば血の巡りも良くなりますから、冷えだけでなく肩凝りや頭痛のような血の巡り不良による症状も和らげることができますよ。(^^)v

 

夜は適度な筋トレで筋肉量アップ!

身体の熱量の多くは筋肉で発生します。そのため身体を冷やさないために筋肉量を増やすことが大切なのです。

特にふくらはぎの筋肉を鍛えることは、冷え症には効果的。足先に溜まりがちな血液を心臓に戻し、全身の血行を促進する効果が期待できます。

またハイヒールを履き続けると、脛骨(すねの骨)が足の甲の骨との接点で微妙に前方にズレてしまい、その影響でふくらはぎから腰にかけての筋肉が硬直して血液の流れが悪くなり、冷えが起きてくるのです。 以外にも「外反母趾」も冷え性に関係があるんだって。

 

つま先立ちで上下する運動(背伸び運動)やスクワットをこまめに行う他、「アキレス腱伸ばし・ふくらはぎのストレッチ」がオススメ!

「アキレス腱伸ばし」のやり方

1.床の上に厚めの本を数冊重ねておき、立った姿勢でその上に足先を乗せて押し付け、アキレス腱を伸ばします。
ちょうどハイヒールを履いた時とは、逆の足の形にしてください。

2.この姿勢で3~5分間、立ち続ける。バランスをとりづらければ、壁によりかかってもOKです。

 

「ふくらはぎのストレッチ 」のやり方

ふくらはぎのストレッチは座って行います。座って片足を伸ばすことでふくらはぎだけでなく、裏ももや腰も伸ばされ、イタ気持ちいいですよ。(^o^)

1.片足を伸ばして座り、つま先に両手を引っ掛けます、身体が硬い方はすねなどでも良いです。

2.足を反らし、その状態で20秒~30秒伸ばします。

3.反対側も同様に行いましょう。

 

「背伸び運動」

足を軽く開いて立ち、両足のかかとを一緒に上げ下げするだけの運動なので、家事の合間などに行なうのがGOOD!

また「背伸び運動」に加えて、座ってくつろいでいるようなときにも足を刺激してみてください。

1.片足を膝の上にのせ、手でこぶしを作って足の裏全体を叩きます。

2.足が温かくなってきたら、反対の足も行ないます。

これらの足への刺激を日常生活の中でこまめに続けるだけでポカポカしてきますよ。

 

 

血液をサラサラにしてくれる食べ物 

血液がドロドロであると冷えの原因になる…。(-_-)

つまり、血液をサラサラにすれば冷え性は改善されるということですね。
手っ取り早い方法は、血液をサラサラにしてくれる食べ物を意識して摂ることではないでしょうか。

●お茶(緑茶、ウーロン茶、麦茶)
●青魚(アジ、サンマ、イワシ、サバ、カツオ、ブリなど)
●納豆 ●海藻 ●きのこ

またビタミンEは血行を促進する働きがある栄養素で、冷え性の改善には欠かせません。

●カボチャや落花生、モロヘイヤ、赤ピーマンなど。
もちろん、血液を増やす鉄分や、体を温める効果のある生姜、ネギ、ニンニクなどを一緒に食べるとより効果的です。

 

 

冷え症を改善する方法は、日常生活で簡単にできることばかりですが、1日で冷え症が改善するわけではないので、春本番にむけてウォーミングアップととらえて、毎日少しずつ体を動かしていきましょう。

そうすればきっと春先に感じやすい体のだるさや、気分の落ち込みも防ぐこともできますよ。(^^)v

 







-春の過ごし方, 二十四節気:春

Copyright© アンチエイジングの日々で自分磨き♪ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.