季節にあったアンチエイジングで自分を磨いていこう♪ 二十四節気に応じた身体の養生法と旬の食材についてまとめています。

アンチエイジングの日々で自分磨き♪




二十四節気:春

2019年の立春はいつで、何をする?また立春に食べるといいものは?

更新日:

スポンサーサイト




立春が春の始まりということはニュースでも耳にしますが、その意味や何をするのかまでは意外と知らないものですよね。そこで、

  • 立春はいつで、何をする?
    また、節分と立春と旧正月はどんな関係があるの?
  • 立春に食べるといいものは?
  • 立春に運気をアップさせるアイテム!

といった内容についてまとめてみました。ぜひ参考にしてくださいね。(^^♪

 

スポンサーリンク




 

立春はいつで、何をする?
また、節分と立春と旧正月はどんな関係があるの?

立春 (りっしゅん)  2019年の立春は2月4日です。

二十四節気の最初の節気で、春の始まりであり1年の始まりでもある日。
梅の花が咲き始め少しずつ春の気配も感じられますが、体感的には寒さはピーク!
ニュースなどで「暦の上では春ですがまだ寒いですね」と、言われているのを耳にしますね。

春らしい陽気となるのはもう少し先のようですから、インフルエンザの予防やお肌の乾燥、冷え性対策をしっかり行っていきましょう。(^^)v

 

 

節分と立春と旧正月はどんな関係があるの?

立春は節分の次の日。とだけ捉えてますが、実はもうひとつの大晦日&お正月なんです。

ですから 節分と立春は 『季節の変わり目』『運気の流れが変わる』『新しい年への切り替わり』といった具合に、運気が変わる大きな節目になるんですよ。

つまり節分と立春の過ごし方としては、

大晦日にあたる「節分」に、厄除けの効果がある「立春大吉」と言うお札を玄関に貼り、鬼(厄)を払うために豆まきを行う。そして新しい一年を平穏に過ごせることを願って次の日を迎えよう。ということなんですよ。

さらに2月5日は「旧正月」。
この日もお正月のパワーがある日なので、アンチエンジングに活かすのならリセットやリスタートに最適なシーズン! と言えるんです。
お正月に思うようなスタートが切れなかったとか、すでに三日坊主で終わってしまったなどプチ挫折したとしても「立春を新年の始まり」として、改めて新しい事を始めてみるのはいかがでしょうか。(^^)v

 

もうひとつこの頃に話題になるのは、中国からの旅行者の” 爆買い ”のニュースですね。

日本では”旧正月”を祝うことが少なくなっってしまいましたが、日本以外のアジアの多くの国々では今でもお正月といえば、旧正月=「春節(しゅんせつ)」のことを指し、とても重要な祭日で盛大にお祝いをするそうです。

花火や爆竹が派手に打ち上げられたり、家の中を花で飾り、親戚中が集まってお酒やご馳走を食べながら新年を迎えるそうです。 お正月行事を楽しむのは、どこの国の方々も同じように盛り上がるんですね。(^^)

 

 

立春に食べるといいものは?

実は立春に、これを必ず食べるという物はありません。どちらかというと、前日の” 恵方巻き ”の方が年中行事としての重きを置かれているようですね。(笑)

それでも上げるとすれば・・・
立春の早朝に作られた” 立春生菓子 ”(うぐいす餅・桜餅)を、その日のうちに食べたり、” 立春朝絞り ”(早朝に絞ったお酒)を飲むと、新たな一年のスタートとなって縁起がよいとされています。
また真っ白な” 豆腐 ”は、邪気を追い払って身を清める食べ物の一つとされています。お鍋や湯豆腐にすると身体も温まりますね。

立春の日に縁起をかついで豆腐や和菓子を食べたり、近くに酒蔵がある場合は祝い酒として一献傾けてみるのもよいのではないでしょうか。

 

また、旬を向かえる野菜に目を向けると
【ニラ】ニラは冬から春にかけて葉が厚くてやわらかくなり旬を迎えます。
ニラは辛味があるため身体を温める作用があり、冷えや血液の巡りが悪い人に効果的です。

【ふきのとう】春を知らせる食材として有名なフキノトウ
少し苦みがありますが、心臓を活発に働かせるとともに、血液の巡りを良くしてくれる効果があります。老化による心肺機能の衰えや身体が冷えているときにはより効果的です。

 

 

立春に運気をアップさせるアイテム「張る財布」

もし今持っている財布が「なんだかゴチャゴチャしていて、古臭くて落ち着かない」そう思えるようなら、お金はそんな場所には寄りつない。というのも、お金にとってはその場所が” 休んでくつろぐ場所ではないから逃げたくなる”んですって。(・・;)

春は財布を使い始めるのに適した時期

縁起担ぎの考え方に
「春に買う財布は(お金がたくさん入って)張る財布」「秋に買う財布は中身が空き(秋)になる」というのがあります。

ですから、春は財布を使い始めるのに適した時期!
春が ”張る” に通じる事から、いつもお金がパンパンに詰まっていて張っている財布の状態を表し、縁起がよいとも言われています。

春財布の購入に適した時期は、今でいう4月以降の春ではなく、旧暦による春ですのでご注意下さい。
春の捉え方は2パターンがあり、 1つは「冬至(12月21日頃)から雨水(2月17日頃)まで」、もう1つは「立春(2月4日頃)から啓蟄(3月5日頃)まで」とされています。

どちらを選ぶかは人それぞれですが、どうしても決めかねるという方であれば、両方の日付が重なっている『2月4日から2月17日まで』に購入を考えるのはいかがでしょうか。

春財布は最初に入れたお金の額を覚えているそうですので、最初は向きを揃えたお札を多めに入れて9日間ほどしまっておき、それから使い始めるのが良いそうですよ。(^^)

また、お金にとって少しでも居心地よく長居(散財や浪費をしない)してもらうためにも、
・不要なレシートや使わないポイントカードでいっぱいにしない。
・返してもらったおつりをそのまま、適当に財布に戻さない。  などに注意して、お金に休んでくつろぐ場所と思ってもらえるように”春財布”を使っていきましょう。(^^)

 

 

立春まとめ

季節が一巡して、暦の上では新しい春がやってきました。
現代では節分がメイン行事となりつつありますが、立春こそ華やかなお祝いするべき日なのかも知れませんね。

立春は暦の上で一つの目安にされることが多い日です。 だからこそ自分なりの ”目標” を決めるのがいいでしょう。(^^)
具体的な一歩を踏み出せなくても、「こうしてみたい・ああなりたい」といった願いや決意をするだけでもいいじゃないですか。
ですが、そのことばかりを考えてストレスを溜めたり、イライラして喧嘩ばかりすると、この先1年イライラすることの多い年になってしまうかもしれませんよ。(苦笑)

立春は、リセットやリスタートのチャンス!

すでにプチ挫折を経験した人も、年に一度しかめぐってこないこの日を大いに活用していきましょう。\(^o^)/

 

次に巡ってくる二十四節気は、 「雨水(うすい)」 です。

 







-二十四節気:春
-, ,

Copyright© アンチエイジングの日々で自分磨き♪ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.